行政書士フォース国際法務事務所

代表挨拶

  • HOME »
  • 代表挨拶

代表挨拶

はじめまして。行政書士フォース国際法務事務所
代表行政書士・内山将之(うちやままさゆき)と申します。
ホームページをご覧いただきありがとうございます。

平成30年8月行政書士事務所開業
代表行政書士

昭和54年(1979年)
鎌ヶ谷市生まれ。
国際理工専門学校CAD建築デザイン科卒業
国際理工専門学校建築士専攻科卒業
建設会社で約17年携わる。

当サイトをご覧頂き有り難うございます。

平成30年8月に行政書士事務所を開業いたしました。

前職は、建設会社で約17年従事しておりました。

ITについては、非常に幅広い知識、多くの難解な専門用語や、
仕組みについて幅広い知識が必要で
PCヘルプデスクの対応業務を行っておりました。

パソコンの不具合などのトラブルを解決し、実際に、
仕事をする人のサポートができることに、非常に喜びを感じました。

しかし、もっと、サポートの幅を広く、分野を広げたい気持ちから、
直接、人を助ける仕事ができる行政書士にとても魅力を感じ受験を決意して、

行政書士試験を受験し、数回の受験でようやく、合格証を手にすることができました。

行政書士は、弁護士(訴訟)や、司法書士(登記)・税理士(税務)に比べ、馴染みのない職業かと思いますが、

実は、裁判手続きを除き、契約書の作成等の民事業務では。弁護士に近い業務の幅広さが魅力です。

とくに、行政書士は、許認可業務といい、これから商売を始める方など、許認可申請を行うための書類作成を代理する仕事がメインの業務となっています。

書類作成とは言っても、単にA4サイズの紙ぺら1枚にトレースして書くだけの業務ではなく、

様々な法律、法令、施行令、条例等に照らし合わせながら、規制をクリアした書類作成が求められ、非常にきめ細かい業務です。

また、測量を必要とする業務もあるため、一般の方の印象の行政書士のイメージとは、かなり異なります。

今では、パソコンや、スマートフォンによって、様々な情報でアクセスすることが可能となっていますが、

日本の許認可申請は、面倒な手続きが多いことから、私たちのような許認可を取得するための
現場調査で要件に該当しているかなどをチェックし、代理申請を行うスペシャリストとして私たち行政書士にお任せ頂きたいと考えております。

現代では、AI(人口知能)など、最新テクノロジーも発達しておりますが、

AIには、まだ判断能力や物事を整理する能力が人間よりも劣っています。

人として、温かみのあるサービスでサポートしたいと心から感じております。

特に、私としては、会社員の経験を活かして、許認可だけではなく、Webサイトの作成や、

様々なITでできるサービス展開も行い、他の事務所にないサービス提供したいと考えております。

お客様に対して、全力でサポートしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

起業への想い

幼い頃から、不動産会社を経営する父の背中を見て、父の事業を支援したい想いで、不動産・建築業界へ飛び込むことを決意し、千葉県大手建設会社へ入社し約17年建設実務を経験する。

建築技術員2年と情報システム知識を買われ、システム担当として従事。電子入札、電子調達など、建設の各種システムサポートに従事。上司・同僚・様々な仲間に出会い、自分の夢・目標や生き方について考える日々。

また、専門学校の同級生が起業したことをきっかけに、自らも会社員以外として働き方として、「起業」も視野に入れることを思い切って決意し、開業しやすい資格の「行政書士」取得を目指し、2010年に勉強を開始する。
2015年に行政書士試験に合格。

当事務所は、飲食店など経営を始める方向けの風営営業許可の測量からCAD図面作成を中心とした許認可、旅館業、ホテル業など、図面作成専門とさせて頂いております。

店舗など不動産に関する手続きなどの書類作成業務や

行政書士が行える各種調査なども承ります。

よろしくお願いします。

 

開業までのキッカケ

開業当初は、千葉市にてスタートしておりましたが、

現在では、私の地元である千葉県鎌ケ谷市で行政書士開業しております。日本で働く外国人の味方の行政書士の内山です。

日本も昔と比べ仕組みの変更や、時代の移り変わりによって、外国からいらした方が、働いている環境が増えてきました。

その一方で、外国人の方たちが安心して働ける環境づくりという意味では、まだまだ不十分な面があります。

私には、台湾人の友人がいました。その友人が帰化申請をしたり、その友人の家を購入するため、日本語を教えたり、生活面でも、いろんなお手伝いをしてきました。

その経験から、外国の方が、日本で生活する大変さを実感しました。

そのため、この台湾人の友達と同じように、日本で生活するために、苦労している外国人がいたら、出来る限り助けてあげたい気持ちが芽生えてきました。だから、私は外国の方を支援できる行政書士を目指し、活動を開始しました。

あなたは、こんなことで悩んでいませんか?

在留資格申請で苦労している
外国人だという理由だけで中々仕事に就けない
外国人だからと家を借りたり買うことが出来ない
就職できたのに職場での差別に苦しんでいる

このような悩みを抱えた日本で生活する外国人の方の悩みを解決していく、和らげていくのが、私の使命です。

昨今、外国人の受け入れは、企業が表向きには積極的にはなっておりますが、まだまだ、現実には、企業内部事情として差別に近い現実事情があります。

だからこそ、行政書士として、あるいは人として、人種限らず、ビザ申請に限らず、困ったことがあれば、すぐに相談に乗れる様々な支援ができる行政書士。

外国の方が、安心して暮らせる、働ける支援をする行政書士として、活動をしています。

また、実家では不動産業を経営していることから、不動産に関する事や、土地の測量にも強化しています。

 

資格歴

平成13年宅建士取得(旧称:宅地建物取引主任者)

平成14年二級建築士取得

平成26年行政書士取得

平成29年測量士補取得

平成30年賃貸不動産経営管理士取得

 

行政書士のイメージ

正直、初めの頃は、行政書士は、何をする仕事なのだろうかと思っておりました。
簡単な書類を作るだけ」ただ、そういった仕事もあるが、かなり少ない。
最終的には、書類を作ることには変わらないが、その書類を作るまでの事実調査や、要件調査を行うのが、非常に大変である。また、大変なゆえに、
ダイナミックな仕事であると私は考えます。


少しでも、一般の方に分かっていただけるよう、

これからも、行政書士として活動していきたいと思います。

私の趣味など

私の趣味は、スポーツではゴルフです。

高校生くらいから、親のゴルフ練習について行くようなり、

自己流でゴルフを学びました。

また、インテリでは、マンガのワンピースや鬼滅の刃が好きです。

飲食では、お蕎麦が好きです。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-8727-8819 受付時間 10:00 - 18:00(不定休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP